災害のときにも水の確保が出来る

約20リットル確保!?

地震などの災害はいつ起こるか分かりません。来るべき時に備えて食料や水を用意しておきたいものです。特に水は人間にとって重要で、食べ物よりも積極的に摂取しなければなりません。なので水の備蓄は多く用意したいところですが、例えば2リットルのペットボトルを数本持ち運ぶのも大変ですよね。3本持ち運んだとして6リットルなので、大きな災害時は不安です。

ウォーターサーバーは一つにまとまっていて容量が大きいことが特徴です。大きいもので約20リットルのものもあり、持ち運びでは重いですが、安心感があります。また、自分たちだけでなく周囲の困っている人にも水を配ることもできます。助け合いが必要な災害時において周囲に役立てることは大きな喜びです。

おいしくて安全な水!

ウォーターサーバーの水は、もちろん水道水を詰め込んだものではなく天然水が使われています。天然水を消毒することなくろ過などで菌を消し、充填されています。水分を補給できるだけでなく、その水がおいしくて安全というのは不幸中の幸いとも言えるでしょう。命にかかわる極限状態では水たまりの水なども飲まざるを得ない状況となりますが、そういったことも回避できます。
ウォーターサーバーは毎日の水分補給に加えお米を炊く時や味噌汁の水など使えるシーンは多岐に渡ります。普段の生活でフル活躍するものが災害時にもフル活躍できるというのは、まさに鬼に金棒と言えるでしょう。ウォーターサーバーで日々の暮らしと安全を手に入れませんか?

ウォーターサーバーの電気代は製造しているメーカーなどによって異なっているので、比較をして選ぶことが必要になります。